So-net無料ブログ作成

「たま駅長」鼻炎からの死去!? 次の駅長は誰に? [ニュース]

日本で初めて猫として駅長を務め、全国的にも人気を集めていた「たま駅長」が6月22日に死去していたことがわかりました・・・。

死因は鼻炎からの急性心不全だそうです。

ここ最近は鼻炎でお休みしていたらしいのですが、、、突然の悲報に悲しむ人も多いと思います。




スポンサードリンク









そもそも「たま駅長」とは?


たま駅長とは、和歌山電鉄貴志川線の貴志駅の売店で買われていた三毛猫で、名前は「たま」だったそうです。

2007年に日本で初めて猫として駅長に任命され、その愛くるしい見た目から全国にファンも多い。

そのせいもあるのだろうが、貴志川線の利用者が就任して1年で1割以上上がり、その業績をたたえられ2013年には社長代理にまで昇進しました。

イベント等にも度々出張で出ていたらしく、人間以上に働き者だったようだ!?


最近体を壊していた?


2015年5月頃から姿が見れなくなり、どうも鼻炎を理由にお休みしていたそうです。

利用者や駅員は回復を期待していたことでしょうね。

ですが、たま駅長は年齢が16歳でこれを人間に換算すると80歳を越える年齢になるそうです。

年齢的に考えても、もう寿命だったのかもしれませんね・・・。

そして6月22日・・・天に召される事となりました。


今後、貴志駅の駅長が誰になるのか?また別の猫にするのか?はっきりしたことはまだ分かりません。

駅員の方や利用客の方の悲しみを思うと、胸が締め付けられる思いです。

最後に一言だけ、「いままでお疲れ様、ゆっくり休んでください。」



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0




スポンサードリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。